男女

社会人でも資格取得可能!整体師を目指す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

鍼灸師の目指し方

鍼灸

鍼灸は体に鍼を使って治療を行なうため痛いイメージがありますが、実際にはあまり痛くありません。とても細い鍼をツボに刺しながら、不調を改善していくものです。このような施術を行なう人のことを鍼灸師と呼ばれています。鍼灸師は鍼だけでなく、お灸と呼ばれるものを使って施術します。この施術は医療行為となるため、患者さんに行うためには国家資格が必要です。資格を取得するためには学校で3年以上修学し、鍼灸師の受験資格を得た後、国家資格を受けていきます。試験を受けるために時間を要しますが、看護師や理学療法士などとは異なり、独立開業も夢ではないため、向上心が高い人に向いています。

国家資格を取得した後、気になるのが就職先ですが、鍼灸師を必要としている仕事が増えており活躍の場が広がっています。以前から就職先として多い所には、病院や鍼灸院、介護施設が挙げられました。患者の治療やリハビリなどを鍼灸治療で行う機会が多かったのですが、現在では美容の分野でも就職先が増えています。若い女性に人気の施術には、美容鍼灸と呼ばれるものがあり、不調を改善するだけでなく、小顔や美肌効果が期待できるので注目されています。そのため、エステやサロンなどで鍼灸治療を行なうケースが増加しているのです。また、美容の分野以外にも、民間療法で終末期治療を行なったり、介護予防のために老人ホームで施術するケースも出てきています。そのため、働きたい職場で用いられる施術を勉強できる学校を探して、資格取得に臨むことが重要になります。