女の人

社会人でも資格取得可能!整体師を目指す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強する時のポイント

男性女性

柔道整復師の資格取得を目指す場合には、整復法、固定法、後療法を確実に押さえておくことが大切です。治療方法によって、ストレッチやマッサージのやり方が異なります。また、器具を用いて施術していく方法もあります。

もっと読む

学校を見学できる

勉学

鍼灸の勉強は独学だと難しいので、多くの人が専門学校に通って学んでいます。鍼灸の資格が取れる専門学校はたくさんあるので、どこに通ったら良いのかわからない人はオープンキャンパスに行ってみると学校選びしやすくなります。

もっと読む

鍼灸師の目指し方

鍼灸

患者さんに鍼灸治療を施術する場合には、国家資格が必要です。この資格は取得するまでに3年以上時間がかかりますが、独立開業や就職先が多いメリットがあるので注目されています。

もっと読む

スクールに通って取得する

女性

整体は投薬治療を行なわずマッサージやストレッチなどを行ないながら、体のゆがみを治療することです。肩こりや腰痛など、病気ではないけど体の不調が気になる時に利用できるため、様々な地域で整体院が増えています。最近では、整体師を目指す人が多くなっているため、資格が取得できるスクールもそれに伴い多くなっています。

整体師は意外にも国家資格がありませんが、就職するためにはスポーツ整体やマッサージ師の資格を必要とする場合があります。スポーツ整体とは、手技で体のコンディションを整えたり、リハビリマッサージなどを施術できるものです。これ以外にも肉体トレーニングの指導を行う場合が多いため、整体師だけでなくスポーツチームで働くことも少なくありません。一方マッサージ師は、民間の資格とアメリカのカリフォルニア州が認定している資格があります。どちらを持っていても整体師の仕事に活かすことができますが、海外でもマッサージ師の仕事がしたい場合にはカリフォルニア州公認の資格を取得すると良いでしょう。このような資格を取得するには専門学校に通うのが一般的ですが、社会人で資格取得を目指す場合、時間が限られているため通うことが難しいものです。そのような時には、トレーナースクールなどを利用すると良いでしょう。短期間で取得が目指せるトレーナースクールは、資格内容によって受講期間が異なります。週1~2回だけ受講すれば、取得できるカリキュラムを設けている所が多いので忙しい人でも利用できます。